fc2ブログ

育てるブログ

手間を掛けずに越冬できる植物その2

今回のブログは手間を掛けずに越冬できる植物を

勝手に紹介する第2弾です。

1つ目は濃いピンクがかわいい

ナデシコ ダイアンサスカーペット


この品種は耐寒性多年草で、耐暑、耐雨、耐病性に優れ

さらに四季咲きというとても優れたお花です。

一番の見頃は5月下旬。

この写真は去年の写真で

今、わが家の花壇にあるナデシコは花がちらほら咲いて

つぼみをたくさんつけている状態です。

もう少ししたら満開になることでしょう。

とても楽しみです。

お手入れはほとんどしていません。

1年に2回くらい肥料をあげると良いみたいです。

わたしは秋に一度、化成肥料をあげたりあげなかったり(汗

冬を越すたびに株が少しずつ大きくなって

花を咲かせる範囲が広くなっていくのも

多年草の醍醐味。

この花は耐寒性に優れているので

雪の下でも緑を失いません。

次は

ツルニチニチソウ バリエガータ
IMG_1908.jpg

「バリエガータ」の意味は「斑入り」です。

春、一斉に新芽を出して紫の花を咲かせます。

花は4月中旬~5月下旬くらいまで。

気が付いたときに

伸びたツルや傷んだツルを切っておくと

まとまりが良く見えます。

斑入りの植物が花壇に一つあるだけで

パッ!と明るいイメージになるような気がします。

この植物、お手入れをしなくても自生しているのを

近所で見かけるくらいですから

何もお手入れしなくても勝手に育つようです。

根付いてしまえば、多分 水も肥料もいらないのではないかと。

放任しすぎると、いろいろなところに根を伸ばして

増えていくかもしれないので

半年に一度くらいは手を掛けてあげた方がいいかもしれません。

これも耐寒性に優れているので

雪の下でも緑のままですが

葉が少し傷む場合もあります。

春の新芽が出たら古いツルは切ってしまうのがオススメ。

そして本日 最後に紹介するのは

ロータス ブリムストーン
IMG_1922.jpg

こちらも耐寒性多年草ですので

冬でも葉っぱはそのまま残ります。

ただ雪が降る地域では

雪の重みで葉がペタンコになってしまう場合があるので

雪が溶けたら切り戻すと見栄えが良くなります。

こちらもお手入れは特にいりません。

発育が旺盛なのでお好みで

切り戻すのも良いと思います。

私は常緑低木のように

花壇の縁取りにできたらなぁと思っているので

近いうちに株分けをして花壇を囲みたいと思っています。

次回につづく・・・
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://colorfulgarden289.blog.fc2.com/tb.php/61-47cf99fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)